腰痛椅子 おすすめ|クッション・ストレッチ・オフィス対策

腰痛椅子 おすすめ|腰痛の人に支給されているアーユルチェアーを初体験

アーユルチェアーは、腰痛に最適なおすすめ腰痛椅子です。

特におすすめなのが、アーユルメディカルシートです。

アーユルメディカルシートは、クッション(座椅子)タイプのアーユルチェアーなので、現在オフィスで使っているオフィスチェアーにも、そのまま載せることができます。

アーユルメディカルシートは、アーユルチェアーに比べても格安料金なので、これなら会社でも支給してもらえるのではないでしょうか?

私は、以前ぎっくり腰をやった時、会社で腰痛の人に支給されている、予備のアーユルチェアーを借りたことがありました。

その時は、恐らくぎっくり腰の影響で仕事にはならないだろうと、最初から早退を覚悟で会社に行ったんです。

椅子に座ることすらできないと、覚悟をしていたので、恐る恐るアーユルチェアーに腰掛けました。

すると、アーユルチェアーは、丸椅子にそのまま上から腰掛けるという感覚で、一切腰が痛い体制にならないんです。

腰掛けている最中も、背筋が伸びて、正しい姿勢に誘われて、腰に負担がかかる悪い姿勢にならないんです。

背もたれが、上体を安定してくれるので、とても楽に仕事ができました。

そればかりではありません。

私は、その時生まれて初めてアーユルチェアーを使用したのですが、アーユルチェアーの集中力の凄さに気付いてしまいました。

その日は、朝からバッチリと目が覚めて、腰が痛いのも忘れてしまうほど、仕事に集中することができました。

普段は、昼ご飯を食べた後、眠くなってしまうので、15分の昼寝は必須です。

ところが、その日はぎっくり腰の真っ最中で、昼寝など出来る筈もありません。

午後から眠くなってしまい、居眠りをしてしまうことが心配でした。

しかし、期待に反して、午後からもロケットスタートで仕事をすることができました。

気が付くと、既に定時になっており、課長から腰痛なので、すぐに帰宅するように促されてしまいました。

これほど、アーユルチェアーは集中力を発揮する、おすすめの腰痛椅子なんです!!

私は、それ以降、会社では許される限り、予備の腰痛椅子を使いまくりました。

すると、それに気付いた同僚が、何か秘密があるのではないか?ということで、私と同じように予備の腰痛椅子を使い始めたんです。

彼も同様に、アーユルチェアーの凄さに気付いた1人です。

以前から腰痛のために、アーユルチェアーを使用していた同僚は、そんなことをおくびにも出さず、こそっと自宅ではアーユルチェアーを子供の学習椅子と合わせて3台も購入していたんです。

これらの話から、私は会社の売り上げを倍にしたいのなら、社員全員にアーユルチェアーを支給するべきだと訴えているんです!!


腰痛椅子 おすすめ

腰痛椅子 おすすめ


腰痛椅子 おすすめ

アーユルチェアーは腰痛に悩む人のためのサポートチェアー

アーユルチェアーは、腰痛に悩む人のためのサポートチェアーです。

現在、日本では4人に1人が腰痛と言われています。(厚生労働省発表)

言い変えると、腰痛は日本の国民病です。

日本人は、世界一座る時間が長いと言われています。

平均の椅子に座っている時間は、8時間とも言われています。

腰が悪くならないわけがないんですよ!!

私は、この間、ぎっくり腰をやって、腰のヘルニアにもなり、腰痛も随分と長いこと続きました。

アーユルチェアーを使用する前に使っていたオフィスチェアーは、物凄く腰には良くない作りをしているんです。

徹夜をすることが多い私たちの職場では、オフィスチェアーも背もたれが随分と後ろに倒せるようになっていて、仮眠ができるようになっているんです。

これも、会社が気軽に仮眠ができるように配慮してくれたものだと思いますが、腰には絶対によくないということがよくわかる作りでもあるんです。

逆にアーユルチェアーに座ってからは、そのことがとても良く分かります。

アーユルチェアーは、腰に負担をかけない座り方に誘われる椅子です。

逆に言うと、仮眠をとるようなことは不可能です。

座るということは、立つことよりも腰への負担が2倍になります。

  • 人間の体重の60%は上半身
  • 座ると、腰1点に上半身の体重が集中する
  • 座ると、立っている時の2倍腰への負担がかかる
  • 腰に取っては、座るということ自体が悪
  • 悪い姿勢だと、腰への負担がさらに倍増

腰への負担を減らすには、骨盤を立てることです。

普通の椅子に座ると、骨盤が倒れやすくなります。

その結果、椎間板や腰回りの筋肉に負担がかかります。

このようにして、腰痛になってしまうんです。

これが、アーユルチェアーなら、自然と骨盤が立ち、腰に負担がかからない座り方に自然と誘われます。

私は、ぎっくり腰と椎間板ヘルニアを同時に経験しています。

それで、普段から骨盤を立てて座ることは勿論のこと。

それと、腹筋と背筋が弱ったことにより、腰痛と椎間板ヘルニアになったのではないか?と考えました。

そこで、現在は1日最低3セットは、ロングブレスダイエットをやっています。

ロングブレスダイエットは、美木良介(みきりょうすけ)さんが腰痛を克服するために始めたということだったので、始めたのですが、その効果は覿面でした。

今では、全く腰痛の心配も無くなり、椎間板ヘルニアの時は、立ちあがる度に起こっていた「ピクッ!!」とする腰の痛みもスッカリ無くなりました。

会社では、アーユルチェアーを我が物顔で使い、家では普通の座椅子に骨盤を立てた状態で座っています。

アーユルメディカルシートを検討中です。

アーユルメディカルシートなら、座椅子に載せてもそのまま使えます。

そのような状態なので、これからは一切腰痛の心配は出て来ないのではないかと思っています。

勉強したくない|勉強しない理由は集中力、正しい姿勢が重要!!

勉強したくない|勉強しない 小学生・中学生・高校生・大学生
アーユルチェアー 学習椅子 勉強椅子 腰痛椅子 姿勢矯正